ドライオーガズムのコツを大公開!上級者から学んだ方法とは?

ドライオーガズム

ドライオーガズムにチャレンジしてますが、体感することができていません。

やり方が間違っているのかどうかもわからずあきらめかけています。

上級者の人はどのような方法でドライオーガズムを楽しんでいるのか、コツなどがあるのなら知りたいです。

射精とは違い、賢者タイムに襲われることもなく連続的に絶頂を楽しむことのできるドライオーガズムですが、その領域に到達できない人のほうが多いのが実情です。

そこで今回は、実際にドライオーガズムを達成している私が実践している方法というかコツを大公開してみようと思います。

初心者の努力を実らせるドライオーガズムへのコツ

今回紹介する方法を3人の初心者さんに実践してもらったところ、全員がドライオーガズムを達成することができました。

私がお伝えする方法というかコツは、初心者さんでも実践可能なレベルなのです。

もっと言うならば、射精オナニーを楽しんでいる方なら誰でも実践可能です。

射精オナニーを楽しんでいる方と言っても間違ってはいけないのが、決してペニスを刺激するということではありません。

気持ちいい時間を長く保つ

気持ちいい時間を長く続けること、ズバリこれが答えです。

具体的な方法は以下の通り

  • アネロスを挿入する(自分に合っているアイテム)
  • 性感帯を刺激する(乳首など)

これだけです。

え?

これってみんなやっていることですよね?

これのどこがコツなんですか?

確かにこれはみんながやっていることですね。

ただ問題なのは、これらの方法でどのくらいの時間気持ちよさをキープしているか、そこがポイントなんです。

時間ですか?

アネロスを挿入して馴染ませて締め付けや乳首責めをして30分くらいかな?

気持ちいいんだけどそれでイケないんで困ってます。

あなたの問題点は、イクために気持ちよくしようとしているところです。

イカないために気持ちよくなることが重要なんです。

ええええ!!

どういうことですか?

例えば、これから30分かけて射精してくださいと言われたらどうしますか?

とりあえずペニスをしごくスピードをゆっくりにしたり、イキそうになったらしごくのをやめて乳首責めに切り替えたり・・・

けどその内にイってしまうかなと・・・

そこに答えがありますよ。

どんなにゆっくりとペニスをしごいても、快楽が強まっていけば自分では射精したくないと思っても我慢汁が溢れてきてそうしている内に勝手に射精してしまいますよね?男性の場合は、ペニスをしごき始めた瞬間に気持ちいい時間が始まります。その気持ち良さを継続するからこそ射精にいたるわけです。

まさか・・ドライオーガズムも同じってこと?

その通りです。

快楽を長時間持続することで自動的にドライオーガズムが誘発されるのです。男性の場合は、射精に至るまでの1分、2分、3分などの短い時間を基準にドライオーガズムを追ってしまう場合がありますが、これではドライオーガズムを誘発するための快楽時間が少なすぎます。

では、ドライオーガズムが起こるまで前立腺や乳首に意識を集中して、ひたすら気持ち良さをキープし続ければいいということですか?

その通りです。

長時間の快楽を与え続けているとある段階に到達したときに無意識にアナルから会陰にかけてキューっとした感覚が走り始めます。

そこで慌てずに今までの前立腺責めと乳首責めなどと同じようにその快楽もキープしてください。そうしているとドライオーガズムのほうからあなたを襲ってきます。コツは、長時間の快楽をキープすることです。

イクのではなくイカされるのがドライオーガズム

長時間の快楽をキープすることで誘発されるのがドライオーガズムです。

ドライオーガズムは、快楽を長時間与え続けたことによる結果なのです。

AV女優がイクときの様子を思い出して見てください。

必ず「やめて!」とか「イヤ!もう許して!」とかオーガズムに対して抵抗するようなリアクションを取りますよね?

しかし、そこで快楽を与える手を緩めずに攻め続けることでオーガズムに達してしまいます。

これこそイカされているということですよね。

男性のドライオーガズムもイカされているのです。

自分でイクのは射精です。

絶対にイクという意識は持たないことが重要です。

快楽の中でイカないようにすることを楽しむ

失敗している人は、イクように快楽を求めてしまっています。

これは逆です!

前立腺や乳首を責めて気持ちよくなっている時にイカないように抵抗することが重要です。

そして今感じている快楽を長時間楽しむことに集中することです。

次に訪れる快楽は自動的に誘発されてきます。

その誘発された快楽もひたすら楽しんでください。

気持ちよくなってきたからと言って「イク」という意識は持たずに「イカされない!」という意識を持ってください。

そして短時間でなく長時間の快楽を楽しんでください。

射精のような速攻的な意識はドライオーガズムの達成の妨げになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました