出会い系サイトで顔見知りに遭遇しないための方法

アダルト雑記

最近の出会い系サイトは、都道府県はもちろんご近所の地区まで範囲を絞ることが可能ですが、知り合った異性が顔見知りだったなんてことにはならないのですか?

結論から言いますと、顔見知りとばったり遭遇する可能性はあります。

最近の出会い系の特徴のひとつに、ご近所さんとの出会いというものがあります。

自分が住んでいる地域と同じ地域に住んでいる相手だということは、プロフィールを閲覧することで簡単にわかります。

やはり、同じ地域に住んでいる人との出会いを探すということになると、すでに顔見知りの異性と出会ったしまうということも十分考えられます。

それってなんとなく気まずい感じがしますよね?

この記事では、出会い系サイトで顔見知りの異性との遭遇を回避するための方法を教えます。

同じ年齢の人との出会いは避ける

同じ年代の異性との出会いとなると、同級生や幼馴染と偶然遭遇してします場合があります。

ここに同じ地域の人となるとさらに遭遇の可能性が高まってしまいます。

これを避けるには、同じ年齢の人をターゲットにしないことが重要です。

自分だけが出会い系を使っていると思っていても、けっこう周りも使っていることが多いので同級生との出会いを避けたいのであれば年齢と地域には注意が必要です。

同じ出身校は要注意

出身校が同じである場合にも顔見知りとの遭遇が考えられます。

これは同級生だけでなく、先輩後輩の付き合いが多かった人ほど注意が必要です。

特に高校が同じ場合には要注意です。

小中とは違い、高校生にもなれば恋愛というものに目覚めているため、気になった存在の記憶はいつまでも残りますし、恋愛でなくても人気があっただけでも記憶に残ってしまいます。

そうなるとバッタリと遭遇した段階で、素性が完全にバレてしまいます。

なので、なるべく同じ高校の人をターゲットにするのは避けたほうがいいでしょう。

どうしても同じ高校の人と交流したいなら±4年を見たほうがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました